鯛の子と若ごぼうの含め煮

春を感じる和食です。

若ごぼうは根・茎・葉全て食べることができます。

作り置きができ、日が経つにつれ美味しさが増します。(保存目安3日)

材 料

鯛の子 200g

若ごぼう(根・茎) 5〜6本

しょうが 50g

だし 300ml

酒 100ml

みりん 100ml

しょうゆ 50ml


作り方

(下準備)

鯛の子は水で洗ってぬめりを取る。

食べやすい大きさに切り、お湯で軽く下ゆでする

若ごぼうはきれいに洗い、根・茎をそれぞれ4cmくらいに切って水につけてアクをとる

生姜はせんぎりにする

  1. 鍋に酒・みりんを煮立て、だし・しょうゆ・しょうがを加えて一煮立ちさせる
  2. 鯛の子・若ごぼうの根を加えて煮る
  3. 別の鍋にお湯を沸かし、若ごぼうの茎を色よく茹で、冷水にさらす
  4. 鯛の子に火が通ったら3の茎を加えて煮汁となじませて火を止める


ていねいに作るおうちごはん

季節の食材を使ってていねいに作るおうちごはんのレシピを掲載しています。