【フライパン】3品同時に完成!〜牛ごぼうのしぐれ煮丼〜

生姜のたっぷり入った牛肉とごぼうのしぐれ煮はお弁当のおかずにぴったり。

しぐれ煮もフライパン+クッキングシートを使って作ることができます。

添えたゆで卵やスナップエンドウのおかか和えもしぐれ煮と同時に作っていきます。

牛ごぼうのしぐれ煮

材料(2人分)

牛こま切れ肉 200g

ごぼう(ささがき) 1/2本

しょうが(細切り) 20g

片栗粉 小さじ1

砂糖 大さじ2

しょうゆ 大さじ2

酒 大さじ1/2

みりん 大さじ1/2

作り方
  1. クッキングシートに牛こま切れ肉をのせて片栗粉を全体にまぶす
  2. 調味料を加えてごぼう・しょうがをのせて包む
  3. フライパンに入れ、水400mlを加えて蓋をして強めの中火にかけ、8分蒸す
  4. 蒸しあがったらフライパンから取り出してしっかりと混ぜる
ポイント

・牛肉はなるべく重ならないように平たく広げます

・水はクッキングシートの中に入らないように加えます

・火加減は常にお湯が沸騰している状態を保ちます。

・蒸しあがったら調味料にとろみがつくまでしっかりと混ぜます


ごぼうのささがきが面倒であれば市販されているものを使うと便利です。

その際、使う分量は50gです。


3品同時に作る際はこんな感じでフライパンにセットします。

スナップエンドウは洗って筋を取り除き、クッキングシートに包みます。(今回は8本包みました)

蒸しあがったら半分に切ってしょうゆとかつおぶしで和えます。

卵はキッチンペーパーを下に敷きます。

(敷かなかったら蒸している間、カタカタとフライパンの中で動いてしまいます)


フライパンに蓋をして蒸しあがるまでほったらかしなので、

その間にキッチンを片付けたりお弁当箱にご飯を詰めたり・・・。

包み蒸し弁当は朝の忙しい時間を有効に使える方法だと思います。



ていねいに作るおうちごはん

季節の食材を使ってていねいに作るおうちごはんのレシピを掲載しています。