【フライパン】前日ちょい仕込み!同時調理のほったらかし弁当

フライパンとクッキングシートで蒸して作る「ほったらかし弁当」を提案しています。

今までのフライパンを使った同時調理とは違い、加熱中はひっくり返したり、混ぜたり・・・という作業が必要ないのでとにかく時間まで「ほったらかし」で大丈夫なのです。

夕ご飯のついでや夜に「食材の下ごしらえだけ」をしておくともっと朝は楽になるな・・・と思い、試してみました。

クッキングシートは保存向きではないので、包んでそのまま冷蔵庫に入れると乾燥するので、保存容器に入れてから冷蔵庫に入れます。


クッキングシートに切った食材を包んでフライパンに並べた状態です。

今回は4品の同時調理です。


前日のちょい仕込み

・レモン・さつまいもを切る→クッキングシートで包む

・にんじんをピーラーで剥く→クッキングシートで包む

・ブロッコリー・パプリカを切る→そのまま保存容器へ

朝の作業

・さつまいもに小さじ1の砂糖を加える

・オイスター蒸しの準備(下の作り方参照)

・フライパンにセット

・水400mlを加えて蓋をして8分蒸す(火加減はやや強火でボコボコと沸騰している状態を保つ)


牛肉と野菜のオイスターソース蒸しの作り方

<材料>

牛切り落とし肉 100g

ブロッコリー 3〜4房をさらに小さくする

パプリカ(赤・黄) 1/4個くらい

オイスターソース 大さじ2


<作り方>

  1. クッキングシートの上に牛肉を乗せて片栗粉をまぶす
  2. 野菜を乗せてオイスターソースを加える
  3. 包む
  4. 水400mlを加えて蓋をして8分やや強火で蒸し、蒸しあがったらしっかりと和える


それぞれの食材が蒸しあがったら

・オイスターソース蒸し→しっかりと混ぜる

・にんじん→しょうゆ(または白だし)を適量加えてすりごまと和える

・さつまいもレモン蒸し→そのまま冷ます

・ゆで卵→冷まして殻をむく


フライパンとクッキングシートのほったらかし弁当のポイント
  1. 肉類はなるべく広げる
  2. 火加減はやや強火(常にボコボコと沸騰している状態を保つ)


ていねいに作るおうちごはん

季節の食材を使ってていねいに作るおうちごはんのレシピを掲載しています。